ビットコインとは?メリットとデメリットをチェック!

ビットコインとは?

これから投資を始めるに当たり、「ビットコインとは何なの?」という疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

ビットコイン(bitcoin)とは、簡単に説明するとP2Pネットワークを使って運用されている仮想通貨や暗号通貨のことを指します。

日本円やアメリカドル、ヨーロッパユーロのような貨幣とは異なり、インターネット上だけで存在するのが特徴ですね。

ビットコインのことを分かりやすく知るために、外貨や電子マネーとの違いをまとめてみました。

ビットコインと外貨の違い

  • 日本円は日本銀行、ユーロはECB(欧州中央銀行)など発行を管理している銀行が存在しない
  • 銀行だけではなく、発行を管理する組織も特に存在していない
  • 「○○円」という単位ではなく、1btc(ビットコイン)という交換レートがある

ビットコインと電子マネーの違い

  • 楽天EdyやSuicaなどの電子マネーは、円という通貨で取引している点では一緒
  • ビットコインは日本円とリンクしているわけではなく、「○○円」という単位では取引されない

ビットコインとオンラインゲーム内の通貨との違い

  • 他の仮想通貨はゲームやWebサイトの運営会社が利益を上げる目的で作られている
  • ビットコインは世界中で日常生活に使えることを目指して作られている

まだまだ発展途上ではありますが、円やドルなどの貨幣よりも利便性が高くなっています。

国境という既成概念を破り、今後の大きな経済活動を実現する可能性を秘めていると言っても過言ではありませんよ。

ビットコインの発行や管理をしている会社はないの?

外貨とは違って、ビットコインの発行や管理をしている会社は存在しないのが特徴です。

そのため、「誰も管理者がいないってことは不正に発行できるのでは?」と考える方はいます。

しかし、そんな無法地帯の仮想通貨ではなく、ビットコインとはブロックチェーン技術が用いられていますので安心ですね。

ブロックチェーン技術は仮想通貨の根幹とも言えるシステムで、どのようなものなのか大まかに見ていきましょう。

  1. コンピュータネットワークを使って分散管理している
  2. コンピュータの能力を借りてデータを管理している
  3. 取引が正確に行われているのか監督している

ブロックチェーン技術を取り入れているからこそ、巨大な管理システムを敷かなくても世界中で取引が行われています。

ビットコインはマーケット(市場)のような取引所や販売所を通じて購入できますので、現在では誰でも手軽に入手できるようになりました。

ビットコインが使える場所であれば、貨幣と同じように物やサービスを買うことができますよ。

ビットコインを使うメリットとは?

2009年には1円にも満たなかったビットコインは、年月を経て順調に高騰しました。

2017年の11月時点で日本円によるビットコインの取引額は世界の60%を占めていて、私たちの生活と切り離せない存在となっています。

そこで、ビットコインを使うに当たってどんなメリットがあるのかチェックしておきましょう。

  • 一般的な通貨とは違って銀行を仲介する必要はなく、個人間で直接送金ができる(相手にお金を支払うことができる)
  • 共通通貨での取引が可能で、遠隔地など離れた場所でも国を超えた取引として利用されている
  • 土日だろうが祝日だろうが、24時間365日自分の好きなタイミングで取引ができる
  • ビットコインを導入しているお店であれば、その国の通貨を持っていなくてもタブレットにスマホをかざして決済できる
  • 仲介する組織が存在しないので基本的には手数料は無料で、個人間の少額な支払いやビジネスの現場で重宝する
  • 需要と供給によって値動きするため、資産運用や資産形成の手段として使える
  • 世界中のあらゆる企業がブロックチェーン技術に注目していて、仮想通貨には大きな将来性がある

企業へと投資するわけではないので仕組み的にはビットコインと株式投資は違いますが、欲しい値段で買って高くなったら売るといった資産運用も可能です。

ビットコインのデメリットとは?

仮想通貨であるビットコインには幾つかのデメリットがありますので、資産運用として利用する前に確認しておきましょう。

  • ビットコインが使える環境でなければ一切の価値がない
  • パソコンやスマホなどインターネット環境がなければ決済ができない
  • 国や企業が安全を担保していないため、運用や保持は全て自己責任となる
  • オンラインバンキングと同じでパスワードの漏えいや紛失のリスクがある
  • 日本円やアメリカドルと比較して相場の変動幅が大きい(儲かる可能性があれば損するケースもある)
  • FXや株式投資と比べると市場参加者が少なく、流動性の低さが課題となる

ビットコインが世の中に知られるようになってからまだ日が浅いため、時間の経過で解消されるデメリットはあります。

それでも、投資である以上は一定のリスクがありますので、自分のリスク許容度と相談してビットコインの世界に入ってみてください。